常時冷静に数値を考えていきたい

投稿日:

出産を経験し、重くなった体を出産前の状態にもどすために、ダイエットと平行するかたちで人生でしたことがなかった筋トレをしました。母乳のみで育児をしていたので、あまりダイエットはすることが難しかったのですが、筋トレはかなり熱心に鍛えました。

おかげさまで、6カ月ぐらいで、ほぼ以前のような体型に返り咲くことができました。ダイエットしている時に、無性に甘い物が食べたくなった時に食べるメニューは常に変わらずに寒天です。寒天は色々な味付けにできるので、飽きることが全然ないのです。殊に、缶詰の蜜柑が入った牛乳寒天と、サイコロ状に切った味付けしていない寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をたらしたものがしょっちゅう食べているものです。最近、体重が増えたので、痩せよう調べていたら、良い改善法を見つけました。それは、酸素によって糖質などをエネルギーに変える運動です。有酸素運動の効果は抜群で食事制限をするよりも、ずっとダイエットできます。

私も数週間前からジョギングをやり始めたのですが、あっという間に痩せてきて嬉しいです。そう考えても、有酸素運動って思ったよりあるんだなと思いました。基礎代謝を上げるのはダイエットにも効果があるのです。元々、あまり汗をかかないという人は、体内に不要な汚れが溜まりやすくなってしまいます。老廃物が溜まっていくと基礎代謝を下げることになるので、汗をかきにくい人は太りやすくなるのです。基礎代謝を良くする事で汗をかきやすい体を作ることが大切です。ダイエットで、より無理なく痩せたい場合には、有酸素運動を行うのが有効です。これはスイミング、ウォーキング、ジョギングといった運動のことです。栄養面で考慮するのはプロテイン、つまり、質の優れたタンパク質を体内に取り入れることです。脂肪燃焼のためにはタンパク質が不可欠なのです。自分の生命をいじするための最低限のエネルギーを測ることは大切だと考えられています。その理由は、自分の代謝量を知らないまま、どのくらいカロリーを摂取すべきなのか把握することは不可能だからです。

若かった時のようなダイエットに無茶をするのが体が言う事をきかなくなった分、常時冷静に数値を考えていきたいと思うこの頃です。ダイエットに効率的な運動といえば、ウォーキングです。ダイエットを達成させるためには、使ったカロリーが取ったカロリーを上回ることが大切なので消費カロリーが膨大なジョギングやエアロビやジョギングなどの運動が推奨です。又、身体をシェイプアップして強弱のあるボディラインを作るためには筋トレも重要です。ダイエット中の人は運動をして減量をしていくのは多分、普通のことだと思いますが、時間や目標を決めて取り組んでいるのでしょうか?なるだけ毎日朝、夜なら夜と決められた時間に運動した方が痩せやすい体になることが出来るでしょう。一般的には基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたあたりから、徐々に減っていくものです。これは成長期の終了によって代謝量が安定するようになったことと、運動量が減ってしまったことのために筋肉量も同様にだんだんと低下しているからです。30代以降になるにつれてだんだんと体型が変化し太りやすくなるのはこういうれっきとした理由があるのです。ダイエットの方法は様々ですが、基本となるのは運動と食事だと思います。食事制限と運動を同時に行うと一段と効果的となるので、日々何らかのストレッチや運動を行えばなおいいですね。スポーツジムといったところに通うのも良いと思われますし、もしそれがムリだという人は自分でトレーニングやジョギングを行うように心がけていきましょう。

- スポンサードリンク -

AdSense300x250

- スポンサードリンク -

AdSense300x250
楽天ヴィジェット